ホーム > 歯を失ってしまった方へ

インプラント、義歯

義歯、インプラント

歯を失ってしまった場合、インプラント、ブリッジ、義歯(入れ歯)などといった様々な選択肢があります。

ジャスミン歯科クリニックでは、患者さまが将来にわたって納得し、
ご満足いただける治療を基本に考えています。
そのため、患者さまの「どうしたいか」という意見を大切にしています。


相談の時間を十分に設定し、それぞれの治療のメリット、デメリットを詳しく説明いたします。また、必要であれば資料や見積りもお渡し致します。その上で後日、患者さまのご希望をお聞きしてから治療に着手しております。

不安や疑問、今までなかなか聞けなかったことなど、可能な限りお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

歯を失ってしまった方に対する治療の選択肢

インプラント失われた歯の代わりに人工歯根を顎骨に埋入するため、患者さま本来の噛み合わせが回復します。ブリッジのように隣の歯を削ったりする必要がないので、他の健康な歯を最大限残すことができます。
しかし、インプラント埋入には一定量の顎骨が必要となりますので、事前の十分な診査・診断が必要です。
当院では、将来的にプラークコントロールが困難になってしまう場合も想定してインプラントを選択しております。
ブリッジ最近のお勧めは、フルジルコニア・ブリッジです。全く金属を使っていないオールセラミックですが、強度はほぼ金属と同じです。特に奥歯の長いブリッジに適しています。
そのほか、従来型のメタルボンド・ブリッジやハイブリッド・ブリッジもあります。
ノンクラスプ義歯部分的な義歯で歯にバネをかけないため、見た目がとても自然です。またそれ以上に残っている歯を傷めにくいメリットがあるため選択される方も増えています。
硬さや質感などいくつかの種類がありますので、患者さまの口腔内の状態に合わせて設計させていただきます。
一般的にノンクラスプ義歯は、保険の義歯と比べて次のような特徴があります。
・保険の部分的な義歯は必ずバネ(クラスプ)を残っている歯にかけなければならず、これを毎回着脱することにより歯を傷めやすい。ノンクラスプ義歯はクラスプを使わない。
・バネ(クラスプ)がないので、前歯に入れても義歯とわかりにくい。
・自費の義歯の中では比較的に安価である。
金属床義歯義歯床を薄い金属とする入れ歯です。総義歯でも部分的な義歯でも作製できます。金属の種類としては、コバルトクロム合金、チタン合金、金合金などがあります。
一般的に金属床義歯は、保険の義歯と比べて次のような特徴があります。
・ 金属床部分は基本的に割れにくい。
・義歯床が薄いので、装着したときの違和感が少ない。
・特に上顎に入れる場合、義歯床が薄いので発音しやすい。
・熱伝導性が良いので、お茶などの温度を感じやすい。
コーヌスクローネ普通の歯のように噛みたいけれども、顎骨にインプラントを埋入するのは抵抗がある、という方にお勧めしています。かなりしっかりと噛むことができます。